ネーミングライツ(命名権)で変わった宮崎県総合運動公園の看板を見てきた

話題・ニュース
スポンサーリンク

2019年の12月に米良電機産業が宮崎県総合運動公園と公園内の5施設の命名権(ネーミングライツ)のスポンサー企業に決まりました。

米良電機産業、命名権獲得も社名入れず愛称募集 宮崎:日本経済新聞

そして、公募していた施設の看板デザインが決まり、実際に設置されたので見に行ってきました。

看板の様子は?

運動公園入り口の看板です。

以前は「ヤマザクラ宮崎県総合運動公園」だったのが「ひなた宮崎県総合運動公園」に変わっています。

こちらがサンマリンスタジアムです。

こちらが武道館です。

看板の右下にネーミングライツの説明をしているプレートが設置されています。

こちらが陸上競技場です。

こちらが野球場です。

こちらが室内練習場の木の花ドームです。

ネーミングライツの費用は年間3000万円で5年間の契約です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました