宮崎発着の飛行機が減便しまくっているので宮崎空港の様子を見に行ってきた

話題・ニュース

緊急事態宣言のあおりを受けて宮崎発着の飛行機が減便しているとニュースで見たので宮崎空港の様子を見に行ってきました。

減便率は65%

2月4日の場合、宮崎空港の1日の出発便は67便です。そのうち44便が欠航しています。

約65%の飛行機が欠航していている状況です。

大阪(伊丹)行きはほとんどが運休しており、現在は2便のみ運行です。

フライト情報 – 宮崎ブーゲンビリア空港

宮崎空港の様子

搭乗カウンターの前の売店は休業しています。

到着ロビーに人はいません。

こんな感じで欠航ばかりで到着する飛行機がありません。

徐々に営業再開するお店が増えていたんですが再び営業縮小しています。

売店は開いているんですが、利用者がほとんどいません。

出発便も軒並み欠航。

去年の5月に緊急事態宣言が出たころにも宮崎空港の様子を見に行ってきたんですがそれに匹敵するガラガラ状況でした。

緊急事態宣言解除後でも宮崎空港はすごくお通夜状態だった
緊急事態宣言後の宮崎空港の様子を見に行ってきました。 ニュースでは人の動きが戻りつつあると報じていましたが宮崎空港は別世界のように静かでした。 1/3が欠航中 1日に67便の飛行機が運行中ですが、46便が欠航中で21便しか運行して...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました